【記事作成のコツ】きみの記事はきみしか作れない(ネットの誰か、じゃなくて、見てくれた人のために精神)

  • 2021年9月12日
  • 2021年9月28日
  • ブログ
  • 76view

こんにちは、いせ(@ise0831)です。

記事を書く時に、どんな記事を書くか考えますよね

その時、「この事はわざわざ記事にしなくてもネットですでに書かれてるよな

とか思う時ってありませんか?

それは大間違い

 

 

この記事をみてるあなたにオススメする記事

ネタ・アイディアで迷ってる方に▼

>>最強の記事は、自分のことを書いた記事 その理由と経験

>>きみの記事はきみしか作れない(ネットの誰か、じゃなくて、見てくれた人のために精神)

収益に迷ってる方に▼

>>【収益アップ】稼ぐ記事は、読者の未来をハッキリさせている【タイトルにも使える】

>>【用語集あり】無意識で選ばれるタイトルの付け方【心理学】

>>【収益アップ】伝えたいことは、ツイートを上手に使えば、説得力が何倍にもなる話

稼げるブログとは▼

>>【アベンジャーズ作戦】稼げるブログは 記事を「団結」させてお互いを「助け合わせる」(記事を孤立させない)

 

広告

すべての記事は、世界でたった一つ

ネットの情報は膨大です

でも、だからこそ、自分から情報発信(記事作り)しないといけないんです

遠くの親戚より近くの他人

 

みなさんはネットで欲しい情報を探したときにこう思ったことありませんか?

「自分が欲しい情報がすぐない・素直にない」

 

それこそ、自分が情報発信する価値になるんです

 

まさに、

遠くの親戚より近くの他人

 

親戚をその分野のスペシャリストや学者、他人を自分と置き換えて考えると、

自分なんかが・・・ではなく

自分だからこそ、書かなくては(この人たちに届かない)!という思いになりませんか

 

 

答えには、個性が出る

 

ブログは、迷ってる人に答えを示さないといけません

 

例えば、「休日になにしようか迷ってる人」には

休日にしてほしい内容の記事を書きますよね

 

そこには、自分がもっている要素が出ます

 

男だったら、「サッカー」だったり「筋トレ」だったりを勧めるし

女だったら、「カフェ巡り」だったり「美容」だったりを勧める

 

野外が好きだったら、「キャンプ場」だったり「公園」だったりを勧めるし

テーマパーク好きだったら 、「テーマパーク」だったり「遊園地」だったりを勧める

 

独身だったら「ひとり旅」だったり「映画館」だったりを勧めるし

ファミリーだったら「家族旅行」だったり「動物園」だったりを勧める

  

これらの要素が1つではなく、複数重なり合って、あなたという人間があります

 

なので、

あなたの答え(記事)はあなたにしか書けないんです

 

 

アイディアのコツは「遠くの全員より、近くの友だち」

 

実はこの記事かってそうです

ネット中に溢れかえってます

 

でも書くのは、近くの友だちに向けて書こうと思っているからです

 

ネットの全員ではなく、野原家メンバーにしっておいてほしいと思って、記事を書いています

 

 

楽しさも、「世界一」じゃなく「ぼくら史上」で

これは、娯楽もそうだと思います

 

ぼくら野原家は当時「モンスターハンターポータブル」にハマって、4人でやりまくりました

 

「誰が先にモンスターを倒すか」「誰が先にランクが上がるか」「武器・防具を揃えられるか」

4人の中で競い合ったりもしました

 

大人になって、モンスターハンターシリーズもワールドワイドになり、全世界とできるようになりました

 

でもそこで競って勝っても、なにも面白くないんですよね

たった4人だった頃のほうがずっと楽しかった気がします

 

 

「世界の誰よりも」じゃなく、「この4人で」楽しめることを

ブログや趣味などをこれからやっていきたいなあと思うぼくでした

最新情報をチェックしよう!
広告