【収益アップ】伝えたいことは、ツイートを上手に使えば、説得力が何倍にもなる話

  • 2021年9月13日
  • 2021年9月13日
  • ブログ
  • 203view

こんにちは、いせ(@ise0831)です。

 

記事作成のとき、文章に説得力が強ければ、その後の商品購入や入会などの誘導がしやすくなります

 

そんなときオススメの方法があるので紹介します

 

この記事をみてるあなたにオススメする記事

ネタ・アイディアで迷ってる方に▼

>>最強の記事は、自分のことを書いた記事 その理由と経験

>>きみの記事はきみしか作れない(ネットの誰か、じゃなくて、見てくれた人のために精神)

収益に迷ってる方に▼

>>【収益アップ】稼ぐ記事は、読者の未来をハッキリさせている【タイトルにも使える】

>>【用語集あり】無意識で選ばれるタイトルの付け方【心理学】

>>【収益アップ】伝えたいことは、ツイートを上手に使えば、説得力が何倍にもなる話

稼げるブログとは▼

>>【アベンジャーズ作戦】稼げるブログは 記事を「団結」させてお互いを「助け合わせる」(記事を孤立させない)

  

 

広告

方法▶Twitterを使う

 

気持ちや内容を伝えるなら、そのまま書く、太字や大文字にする、ボックスや吹き出し形式にする、

などいろいろありますが、

 

それでは「強調」や「見やすさ」が良くなるだけで終わってしまい、

肝心な「説得力」「訴求力」がありません

 

ぼくがおすすめするのは、「Twitterを使う」です

 

Twitterは性質上、本音感やリアルタイム感を演出しやすいです

 

 

例えば、「暑さ」を伝えたいとき

 

⚫文字編 

この夏は例年でも暑いみたいで、熱中症アラートも出てて、めっちゃ暑かったです・・・

 

⚫ 吹き出し編

いっせ
今日は本当に暑かった。。よく熱中症にならなかったよ。。

 

⚫ツイート引用編

 

 

さあ、どれがイチバン暑そうでした?

 

言い換えると、このあと熱中症対策グッズを売り込む場合、どの言葉がぐっときます?

 

これが、ツイートを使う(引用する)メリットだと考えています

 

他にも、

 

メリット②ツイートするだけだから手間暇がかからない

 

ツイートするだけなので、スキマ時間にできるというのがよいですよね

 

 

ということになります

 

 

デメリットはある(SEOと重たくなる)

 

もちろんいい話だけではないですので、そこも説明

 

SEO的なデメリット

ツイートを引用すると、データをTwitterから引っ張ることになるので、

ブログに文字がないんです

 

つまり、Googleがその部分を検知できないということになります

 

もちろんツイートを削除したりされると、その部分がポッカリと空くことになってしまいます。

 

解決方法▶ツイート文をコピペして、もう一つ入力しておく

 

例えば、

埋め込み機能のメリット
・Twitterのスタイルが利用でき、安心感がある
・Twitter誘導できる
・コメント、リツイート、いいねの状態がリアルタイムで反映される
・設定変更や削除などの問題も反映
・コメントボタンが有る
など

 

という風に、ちょっと強引に2つ載せておきます。

これで、SEO的にも、削除されても、大丈夫です

   

記事が重たくなるなデメリット

2つ3つ程度なら良いんですが、

たくさんするとなると、記事の動作が重たくなります(編集も含め)

 

解決方法▶埋め込み機能を使い、最後のスプリクトを削除する

 

ツイートを引用すると、Twitterの形式をブログに持ってこれます

それは埋め込みコードの中にその内容があってそれが動作を重たくする原因といわれています。 

 

それは1記事1つで物足りるので、2ツイート目からはその部分をカットします

 

最後にあるこのコードを削除します

削除する部分▼

<script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

 

 

ツイートを利用して、記事の説得力を増すことで、思い通りの誘導がしやすくなると思います

最新情報をチェックしよう!
広告