【今さら聞けない】稼ぐとは「対価でお金をもらうこと」【労働か取引か】

  • 2021年9月20日
  • 2021年9月20日
  • 副業
  • 50view

対価としてお金をもらうこと

広告

対価の種類

  1. 労働
  2. 取引


複数組み合わせることも可能

 

①労働

労働をして対価としてお金をもらう

【特性】使うと無くなるが、価値が上がる

例)一日労働して稼いでも明日も労働しなければ稼げない。しかし、一年後には能力が上がり労働価値が上がる。

 
時間には2種類ある

  • 自分の労働
  • 他人の労働

 

他人の労働とは

  • 雇用する→融通は効くが、能力が不安定
  • 依頼する→能力は安定するが、融通は効かない

 

②取引

取引をして対価としてお金をもらう

【特性】使ってもなくならないが、価値が変わる

例)物から物、物からお金、お金から物へと取引してもなくならないが、一年後同じ価値のままではない

 

取引の内容 

  • 情報
  • お金

 

複合させたりして価値をあげることができる

  • 物を時間でグレードアップさせ、物で稼ぐ▶一次産業・二次産業
  • 物をグレードアップさせる時間で稼ぐ▶三次産業など単体ではなく、 

 

表にするとこんなカンジ

稼ぐ
労働 自分の労働
他人の労働
雇用
依頼
取引
例)一次産業、二次産業
情報
例)新聞、本、ブログ
お金 例)銀行、株式
最新情報をチェックしよう!
広告