【体験談】UberEats(ウーバーイーツ)お金以外のメリットをまとめてみた【田舎民でもできる】

こんにちは、いせ(@ise0831)です。

 

近年流行りの新しい働き方UberEats

 

野原家のたーなが体験したらしいので、メリットやら事情を直接聞いてみました

 

広告

UberEatsのメリット①いつでもできる

仕事が時間ではなく、件数で数えるため

この時間という時間がなく、自分で決めれます

 

たーなも、普段は仕事してますが、休日にしているということらしいです

UberEatsのメリット②田舎民でもできる

 

その街の人じゃなくてもできるみたいです

 

たーなは、(自転車を載せて)車で都市まで行き、都市でウーバーイーツの仕事をしたあと

 

土地勘がなくても

アプリが地図になって、行き先をナビゲーションしてくれるんだとか

 

だから、たーなは迷うことがなかったそうです

 

 

UberEatsのメリット③筋トレ・運動になる

 

普段、事務系の仕事をしている場合は運動をする必要がありますが

いくら自己投資だからといって、時間がもったいないという方に

ウーバーイーツがとても良い運動になるそうです

 

もちろん、退勤のタイミングも自分で選べるので、オーバーワークにもなりません

 

ちなみにたーなは、筋肉痛をやらかしてしまったみたいです

 

 

UberEatsのメリット④チップがあり、やりがいがある

 

絶対ではないですが、気のいい人からはチップをくれる場合もあるそうです

 

たーなは、死にかけて登った坂が報われたと言ってました

 

 

UberEatsのデメリット①コミュニケーション力を必要とする

運ぶだけじゃなく、渡すことが目的なため、人と会話することが必須になります

 

しかも、頼む人はマンション人が多く、エレベーターの操作までしてもらうことがあるとか

とにかく臨機応変に対応しなくてはならないそうです

 

 

UberEatsのデメリット②始めるための初期費用が多い

 

基本的にフリースタイルな分、服やかばん、自転車を自分で揃えないといけません

 

その中でも高いのは自転車とカバン

 

自転車 デリバリーの命 本気で稼ぐならお金をかける

たーなの相棒は「ロードバイク」

 

坂道でも速度が出て、素早い配達が可能になり便利だそうです

 

また、翌日の疲労感が全く違うみたいです

 

仕事とし連勤にするならなおさら、体力管理は大切になります

 

いずれか乗りたい「電動アシスト自転車」by たーな

 

 

カバン 味を守るカバン

 

公式カバンも1万円ほどしますが、鮮度が大切な食べものを運ぶためには購入はほぼ必須であるといっていいでしょう

 

 

 

おすすめデリバリースタイル(夏)

ここで、おすすめのデリバリースタイルを一挙公開

 

服ーポロシャツ・短パン

基本的に汗をかくため、涼しく速乾性のあるタイプがベター

トレーニングウェアが最適で、当たり前ですが普段のトレーニングにも使えます

 

 

 

 

レインウェア

意外と多い雨シーン

雨は、配達員がいなくなるため稼ぎ時なんですが、雨は体力をものすごく消耗します

特に透湿性が重要で、雨は入ってこないけど汗で蒸れない指標のことです。

コチラもスポーツ有名メーカーミズノをオススメします

 

 

 

モバイルバッテリー

デリバリー中は携帯をフル活用します

そのため、 モバイルバッテリー は必須です

 

 

スマホ自転車ホルダー

最新情報をチェックしよう!
広告